No Pain No Gain

40代ゲイの世界ひとり旅

四国旅行10日目

福岡に家が見つかったのだけど、入居は11月くらいになりそうなので、家で待ってるのももう飽きたのでし国をぐるっと回ってみることに。尾道からのしまなみ海道も行ってみたかったから、ちょうどいい機会。って出発したのはもう10日ぐらい前か。。忘れないためにもちゃんと書いとこう。。

 

しまなみ海道から海沿いにぐるっと愛媛を下り、高知も海沿いに回ってた所で台風が来たので温泉宿で二日ほどのんびり。台風も過ぎて、昨日は高知観光、今日はまた西に戻って台風で行けなかった四国カルストへ。

f:id:makotino:20201011194705j:image
f:id:makotino:20201011194700j:image

 

車を所有するって本当に自分の中でも革命的。もうどこにでも行ける自由は、南米の旅ともまた一味違う。ってか南米だと逆に車で人がいない所行ったら襲われそうで怖いわ。その点日本は本当にどこでも安全だから、安心。これほど車中泊生活にぴったりな国はないね。

 

って事で、すでに10日経ったけど、台風で2泊と、その数日前に携帯の電源なくてもう1泊の合計3泊は宿に泊まったけど、後は毎日適当に車中泊。初めはなんか落ち着かなかったけど、やっぱりちょっとずつ慣れてくるもんで、道の駅とかなら本当に安全だし、このどこに泊まるか考えないで行き当たりばったりで旅できる自由は本当にすごい。音楽かけて誰も走ってない田舎道をドライブするのがたまらん。ひと昔前の昭和の青年の趣味はドライブってのがまったくピンと来なかったけど、今ならその気持ちすごくわかる。。観光よりも移動してる時の方が楽しいくらい。

 

四国カルストの後で、なんと初パンク。山の奥だったからやばいと思ったけど、まだ14:30くらいだったからちょい余裕あった。実際トリセツ見ながらタイヤ交換したら30分くらいで完了できて、一安心。ほんとこれが夜だったらホラーや!

f:id:makotino:20201011200103j:image

 

とりあえず明日の朝にガソリンスタンド行ってタイヤ修理してもらお。大事にならずに感謝。

 

今は20:00ですでに夕食も済ませ、歯も磨いてすっかり寝る準備万端。今夜も道の駅で夜を過ごします。

 

おやすみ〜

 

 

YouTube Premium 使ったら超快適だった!

最近一番これは買って良かったとも思ったのが、Youtubeのプレミアム会員。

 

旅行中はApple MusicとかSpotifyとかNetflixとかちょいちょい契約して使ってたけど、日本に帰ってからはAmazonプライムで映画が見れるので、Netflixはやめちゃった。この6ヶ月一番見てるのは圧倒的にYoutubeで、本当にもうありとあらゆるものの勉強できて学校で勉強するとか本当に必要になくなってる世の中だと思う。自分の知識はもう圧倒的にYoutubeにかかってるわ。

 

でも最近特にイライラしてたのが、広告のひどさ。。。

 

Youtubeの広告ってもうナショナルクライアントとかではなくて、なんかいかがわしい個人の情報商材とかが出てきて、しかも広告としてのクオリティも低いから本当にただただイライラ。。毎日のランニングでYoutubeを聴きながら走るんだけど、結局あまりにも広告の頻度も高いから片手に携帯持ったまま走って、都度早送りしなきゃいけなかったからもうイライラも倍増。。

 

で、思ったのが、Youtubeプレミアム。

 

なんかYoutubeのプレミアム払えば、Youtube Musicもついてくるし、オフラインでダウンロードもできるし、しかもアプリを閉じても再生される!!っていうチョコチョコ便利そうなんで、広告もなしになるし試しに買ってみたら、あらやだ、本当に超絶快適!!

 

①広告とは完全におさらば!これが一番うれしい!

②アプリ閉じても再生されてるって、かなり便利だった!

③ダウンロードして、オフラインで見放題なんで、家でたっぷりダウンロードしてからお出かけ

④Youtube Musicもついてきて、別の音楽サービスにお金払わなくていい!

 

 

いやー、これ最近買ったもので一番のヒットよ。本当にオススメ。

ちなみにプレミアム会員費はiPhoneのアプリ経由で登録するか、ブラウザ経由で登録するかで料金が変わってくるから気をつけて。アプリ経由だとAppleに30%持ってかれるからだろうね。

 

ブラウザ経由 1180円  ←絶対ブラウザ経由で契約するように!

iOSアプリ経由 1550円

 

AppleもApple Oneとか始めるみたいだし、今後は各社どうやってプレミアム会員にさせていくかの取り合いになるんだろうけど、自分的には当面AmazonプライムとYoutubeプレミアムでやっていけそう。やっぱりこういう風にバンドルでついてくると、こりゃお得だなと結局そっちに行くよね。

 

そう考えると今毎月払ってるオンラインサービスはこんなものかな。

・Youtube プレミアム 1180円/月

・Amazon プライム 4900円/年

・Apple iCloudストレージ 400円/月

・Moneyforward 5300円/年 2013年から使ってる超絶便利な資産管理アプリ(人生変えたと言っても過言ではないくらい超オススメ!)

・HatenaブログPro 8434円/年

 

 

本日は秋分の日、いよいよ秋到来かな。

この4日間天気は素晴らしく良かったけど、やっぱり人々が活動している時は、家で静かにしている方が良いね。

 

 

 

車とお家と

8月末にいよいよ車が届き、いざ福岡へ友達を訪ねて10日間ほど遊びに行ってきた。

この友達は今NYに住んでて、グアテマラで3ヶ月ほどコロナ自粛されてた時には時差がほぼないだけ、かなり頻繁に電話で話してた。まさかお互い日本で会えるとは、また不思議。しかも去年の同じ時期にはペルーでも一緒に遊んでたし。年初めはコロナがこんなことになるなんて想像してなかったし、しかもグアテマラにいた時は二人とも日本で会うなんて全く想像してなかった。やっぱり未来には何が起こるかわからないね。

 

車は車中泊のできるのを探してたので、スズキのエブリイワゴンの中古車を購入。

スズキ エブリィ ワゴン PZターボ 平成19年式で74000Km走ってて、本体39万円+諸経費の合計55万円。今検索してみたら、同じ走行距離で古い年式でも全然高いから、やっぱりお得に買えたみたいね。うれし。

 

車のことは全く何もわからなかったけど、「車中泊 軽自動車」で検索して出てきた中の候補がこれで、結局は中古自動車屋さんに行った時にたまたまあった車がこれで、運転席を倒さないで車中泊できるサイズで、さらにとってもキレイだったのと、お買い得だったので、これに決める。もう3週間ほど運転してるけど、本当に大大大大大満足。前の持ち主はハンドル近くにマイクもつけてくれてたので、運転しながらもハンズフリーで電話できるし。

 

実際車中泊も3回くらい試してみて、とても快適!

Youtubeでかなりの数のビデオを見ていたので、車が届く前から微妙に後ろ座席を倒しても完全にフラットな寝床を確保するのは大変そうだったけど、ホームセンターを無駄に歩き回って、見つけたこのクッションが一番フィットしそうだったので、買ってみたらドンピシャリ!これエブリイ 使ってる人には超オススメ。みんなのベッド作りをみてたけど、やっぱり収納を床に作って後部席とフラットにするのがほとんどで、自分は絶対天井への空間を広く取りたいので、とにかくミニマムで段差を無くしたかったのでこのクッションが一番いい解決方法だった。

 

ベットが解決できたらあとは色々車中泊のために買ったものはこちら。 

 

その他保ホームセンターとダイソーで諸々。

ちなみにダイソーで値札がついてないから、お店の人に「これいくらですか?」って聞いたら全部百円ですよって、初めて知った。。。すごいね日本のクオリティw

 

初の車中泊は福岡の糸島の海岸で寝てみたけど、海岸は風が強くてうるさいのと、海岸の駐車場は夜でもいつでも人が来るので、しかも車は全部の窓サンシェードで覆って寝るので、どんな人たちが出入りしているのかわからずちょい不安。途中真夜中に車に何か当たってる音がするも何かわからず。ビクビクしつつもその後何もないので、とりあえず寝る。なんか動物だったのかな。。。謎。次の日は道の駅で寝てみたけど、こっちはみんな長距離の運転手とか、なんかわざわざ道の駅に来る人たちだから、目的も近そうで安心して寝れた。ま、もっと色々実験して心地いい寝床にしていこう。

 

気付いたら8/30に車取りに行って、今日までの3週間ですでに2000km走ってる。。車を持つことの自由度はすんごくて、もう楽しくてしょうがない。人生で初の車を買って、さらに今回の旅で福岡の家も見つかって、日本での新しい基盤ができそう。コロナ自粛の時には日本のどこかに家を探すけど、いつも物件の方から歩いてきてくれるから、そのうち出くわすと思っていたら、まさか20年使ってない友達の実家はどうよ?って話になり見に行ったら、これまた素晴らしかった。本当に自分の人生なぜか住むところは向こうからやってきてくれてありがたい。そして驚嘆させられる。。。

 

新しい生活がワクワクや。

 

実家にて

あ!っという間に時間は経つのね。

もう帰国して2ヶ月、7月末に実家の広島に戻ってきて以来、実家でのほほんと過ごす毎日。どんだけ遠くへ行っても、「戻ってこれる場所」があるというのは本当にありがたいことです。

 

実家でのんびり二階で過ごしてると、「晩ご飯よー」とか「昼ごはんよー」とか、もう至れり尽くせり。ご飯は何食べても美味しいし、洗濯物は毎日キレイになってるし、お風呂も沸いてるし。。。本当に感謝しかない。せめて生活費としてお金を渡すことぐらいしかできることないわ。。

 

あとはお父さんとお母さんの携帯をiPhone6S Plusに変更してあげて、文字が大きくて読みやすくなったと喜んでるくらい。南米旅行に出る直前に何かあった時の連絡方法としてLineを使おうと思い、両親の携帯をガラケーからiPhoneに買い替えたんだけど、iPhone SEだと老人には何も読めないことに、触らせた直後に気づいて後悔するも、数日後には出発だったので、それがずーっと気になってて、実家に帰ったらまずはiPhoneのプラスサイズを買わないと思ってたので、これができて良かった。ラインと電話しか使ってないとのことで、iPhone6S Plusをとりあえず買ってみたけど、機能的には十分。良かった良かった。

 

さらに今週は人生初のマイカーも購入。スズキ・エブリデイワゴンの中古車で、車中泊できるので、これから車中泊しながら田舎の家の物件を探しに行ける。南米ですごく自然に触れてたせいか、帰国したら自然に近い田舎で暮らしたいと思う自分がいて、たまに空き家バンクを見てるのだけど、やっぱり具体的にいくつか見に行かないとなんか想像がつかないので、これでもう少し進めそう。でも、やっぱり、これだと思う物件に当たるのはもっともっと時間かかりそうなので、車で車中泊しながら、西日本をゆっくり回りながら、運が良ければ何かに出会すのだろう。

 

帰国してからは夏なのにどこにも行かず、基本家で涼んでるだけなので、車届いたらぜひキャンプに行きたいな。車の中身も少しずつカスタマイズして、車中泊に快適な状態にするのもすごく楽しみ。ワクワクやー。

 

 

 

 

 

無事帰国できました

6/19(金)の朝6時にメキシコ経由で無事グアテマラから帰国しました。

なんか色々問題が発生するかなと思ってたけど、実際は全て順調に進み今は東京で借りてるAirBnBでのんびり出来てることに本当に感謝しかない。

 

グアテマラのケテルツエナンゴを6/17(火)の早朝6時に出発。スペイン語の先生の夫妻が生徒日本人3人を首都のグアテマラシティに送ってくれる。増え続けてるコロナ対策の一環でちょうどこの日からグアテマラ政府は、車のナンバープレートの末尾が偶数か奇数によって運転できる日を設けて、移動を制限すると2日前に発表。警察になんども車を止められるかと思ったけど、何も問題なく3時間半かけて空港となりのホテルに到着。その日はただのんびりして、次の日はいよいよメキシコ政府のチャーター便でメキシコシティへ移動。南米を旅行中に出会う人から上がってくる名前ベストスリーはいつもメキシコ、コロンビア、ブラジルだったので、メキシコは超行きたかった国なんだけど結局メキシコ旅行はできず、それでも空港に寄れただけでも嬉しい。メキシコはぜひ再訪して一通り旅行したい。

 

メキシコシティの空港には夕方17時には到着して、そこで他の日本人二人ともお別れをして、その日の夜の2時のANA直行便で成田へ。6/19金の朝6時に無事到着。機内は半分以下の人の入りで自分の席も横二席は空席でいい感じでソーシャルディスタンスを取りながら横になって眠りつつ帰れたのは良かった。中国人チームも結構いたけど、その人達はみんな成田経由で中国に帰っていく感じで、そう見るとメキシコから乗ってきた日本人は30人もいない感じ。

 

空港につくとすぐにPCR検査の開始。グアテマラはテスト必須な国リストに入ってないけど、メキシコを経由したことで検査が必須に。トランジットで数時間だけでも、一旦入国しちゃうとテスト対象に。でも、実際テストしてもらって陰性だとちゃんとわかったほうがその後気分的にも楽だからテスト受けられる方が絶対いい。

 

午前着便の場合はその日の午後に結果がでるので、政府がホテルを提供することはないそう。それ知ってたらホテル予約したのに。。事前に調べてたのだと、みんな結果待ちで2日はホテルにいた感じだったので、AirBnBもその後から予約してただけに、ちょっとめんどくさい。検査結果待ちの間の時間に、近場のホテルをサクッと予約。午後着便は一泊ないしは二泊分政府が準備してくれて、その間の食事も提供されるそう。

 

ヘディスターホテル

https://hedistarhotel.com/stay/

ここ電話で問い合わせると6000円ですって言われたけど、Booking.comで予約したら3000円だった笑!半額やん!一日しか宿泊しなかったけど、安くて快適だったのでおすすめ!

 

検査結果を待ってる間、一年半ぶりの日本で米が食べたいと思って下の階のコンビニまで行きたいけど、隔離された場所から出てはいけないとのこと。。午後まで何も食べれないのかと思いきやロールパンとバナナとジュースとかが無料で配られる。。ってか、「パンじゃなくて、コンビニのでいいからおむすびにしろや!」と思ったけど、無事帰ってこれただけでも感謝と思って、何も言わず。。

 

検査結果は午後の14時半くらいにでて、無事陰性とのこと。うけたのは、あの部屋にいて一人ひとりに結果を伝えてるんだけど、みんなお互いの結果が丸聞こえだから、あの中で陽性がいたら超みんな引くと思うんだけど。。。誰もいなかったからあんな運用なのかな。。ちなみに、レンタカーとか、友人が迎えにくるとか、自分の足がある人で、自宅待機の人は結果を待たずに帰宅できる。でもそのかわり、検査結果は後回しにされるので、4日かかるそう。そう考えると、とりあえず結果がでるまで待ったほうが、もしかしたら陽性かも、とか考えなくて済むので結果出るまで待つのがオススメ。

 

結果が陰性の場合は空港内を動くことができて、早速何か食べるものがないかなとレストラン街へ。寿司屋があいてる。。絶対寿司でしょ!と、早速板さんのおまかせを注文して大満足。というか味もそこまで覚えてないくらいすごい勢いで食べた感じ。やっぱり生魚最高。空港の寿司屋でさえ、やっぱり日本の寿司は違う。シャリが柔らかいし、魚は新鮮だし。うまい、うますぎる。

 

すっかり、寿司で満足したあとで、成田近辺を回遊してくれるシャトルバスで予約したホテルへ。近いけど、一つ一つホテルを訪れるので結局20分くらいかかる。ホテルは3000円にしては快適で、時差もやってきてか、そのまま夕方から寝落ちてった。。

 

次の日は予約してたAirBnBが一日早められたので、ホテルをチェックアウトして、ハイヤーで移動。こちらがリーズナブルでオススメ。でも検査結果がでてないと乗れないそうなので、なおさらテスト受けれたほうがいい。てか、そもそもハイヤーがよくて、タクシーがだめとか全く理解できない。。。

https://app.nearme.jp/airport-shuttle/

 

で、今はすでに帰国して5日目、AirBnBも快適ですっかり上機嫌。やっぱり日本食最高!グアテマラでの3ヶ月は殆ど魚食べなかったので、刺身と日本酒とかもう涙が出る。。

 

そう考えると、日本はPCR検査受けるのにものすごい厳しい基準があるから、こうやってテスト受けれて陰性の結果わかった人の方が東京在住者より安全な気がする。。グアテマラのケテルツエナンゴの中心は殆どコロナ患者いない地域だったし、移動中に空港でもどこでも特定の人と長時間エンゲージすることもなかったし、自分の方が陰性という結果がわかってて、なんでそれでも隔離されなきゃいけないと思う。。

 

と、これにて一年半の南米・中米旅行も一旦終わりました。

この一年半の時間と、人々と、経験と、健康で無事でいれたこと、全ての事に心から感謝したい。

 

 

グアテマラ生活ももう少しで終わりそう

気がつけば、6月も半ば。。

この一ヶ月ものんびり過ごしてるけど、毎日スペイン語とかYoutubeとかドローイングとか、料理とか、ヨガとかしてるだけで一日なんて本当にあっというま。好きな時間に好きな事して過ごすだけって本当に気持ちいい。

 

このままもう一ヶ月はここにいて7月くらいに帰国を考え始めようかなと思ったけど、丁度メキシコ政府がチャーター便をメキシコシティまで出すそうで、登場希望者は大使館まで連絡するようにとのことで、なんかとんでもない事が起こる前に早めに日本に帰国したほうが良いなと思い、帰国する方向で調整中。すべてうまく行けば来週6/17にグアテマラ・シティを出て、17日の深夜の日本直行便で東京には6/19朝到着。いざ手配を始めて必要なチケットも全部押さえたらなんだかワクワクしてきた。超久しぶりに日本に帰れる。歯の詰め物が取れたままなので、とりあえず早く帰ってひととおり健康もチェックしておきたい。

 

ちなみにこの一ヶ月Youtubeでは占星術関連の動画ばかり見てて、超面白い。勉強すればするほど占星術のチャートに浮かび上がってくる事が、本当にその人の性格に現れてるのがわかってびっくりするくらい。前から人の観察はすごく好きだったから人の顔見てある程度話すとかなりの事が想像できるんだけど、占星術のシンボルからくる連想もあると、さらにいろんな事が見えてくる。

 

ちなみに一番ハマってるYoutube番組はこちら。 占星術にもいろんなタイプが有るようで彼らはみんな現代占星術ではなく、Hellenistic Astorologyと言われる古典的な手法を使うようだけど、まだまだ何も知らない自分はとりあえずなんでも見てて、このチャンネルは特に勉強になる。下のビデオは2020年の1年間の占いだけど、今年は数千年に一度とかのとんでもない配置なので「なにかとんでもないことが起こる」「土星の影響で、いろんな事が制限される」「壁などのイメージ」「自分は今年一年はどこかの核シェルターに閉じこもってやりすごす」とか、病原菌とは言っていないけど、かなり具体的なイメージを喋ってる。ちなみに、とんでもない配置なので、とんでもないことが起こると言っているのはほぼYoutubeにいるどの占星術師も言ってることだけど。

 


2020 Astrology Forecast: Overview of the Year Ahead

 

もう少しグアテマラでのんびりする予定だったので、あと一週間くらいでこの生活も終わるとなるとちょい寂しいな。でも、もちろん日本に帰るほうがワクワク。

 

本「それでも私は腐敗と闘う」

ここグアテマラのケツエルテナンゴにある日本人宿タカハウスにはたくさん日本の本がおいてあるんだけど、そこでふと目に止まった本。コロンビアの政治について書いてあって著者はコロンビア人だけどフランスでも過ごし、この本はフランス語で書いたらしい。

 

それでも私は腐敗と闘う

それでも私は腐敗と闘う

 

 

何気にぱらぱらと読み始めたらもう一気に引き込まれてそのまま読み切っちゃった。

 

著者はコロンビア下院議員としてはじめ、上院議員にも当選し、最終的には大統領選にまで出馬する。コロンビアの1980〜2000年代の政治模様がよくわかって、何よりもその汚職と、麻薬と、暴力とが本当にコロンビア政治の骨の髄まで蝕んでいる中で、彼女はそれこそを変えようと政治活動を始め、他政治家から猛反対に合いながらも、自分の信念を曲げず、突き進むその姿勢と活力は本当に「何が人を突き動かすんだろう」と考えさせられる。

 

当時のコロンビアは今でこそ観光も盛んになってるけど、麻薬カルテルのパブロ・エスコバルの力も全盛で、更にゲリラとパラミリタリーなどの内戦もあり、超危険な国。彼女は外交官の裕福な家庭に生まれて、フランスでも幼少期や学生時代も過ごし、そこで出会った外交官の夫と共に世界中どこでも好きなところに住めたはず。でも、それでも、コロンビアに戻りたいと思ったのは何なんだろう。この本のすべてのページに溢れている自国への愛、そしてそれ以上ににひしひしと伝わってくる闘志。そのために離婚してでも、子供と離れる可能性があってでも、それでも何かが強烈に彼女を突き動かして、その成し遂げなければならないこと、コロンビアの政治を正さないといけないと、駆り立てる。

 

今の世の中でも色んな政治にからむ陰謀説があるけど、この本の中に出てくる当時の模様は本当に驚かされる。彼女が中の人として、外に向けて説明してる本だから当時の模様が、本当に起こっていることはそうなんだろうなと推測できるけど、それでも次から次へと繰り広げられる世論を操る手口は信じがたいくらい功名で、真実が表にでて人々に理解されるなんて、本当にありえない確率なのではと思う。

 

国民なんて、自分も含め、本当にいとも簡単に操られる。次から次へと「それらしい」罠を張り、「真実」を知ることなどできない国民は、ただその表層に浮かぶキーワードから各自結論を導く。その結論こそがまさしく操作されたものなのだけれど。

 

本当に汚職が酷いと、国民は「何か」自分の信じられる足場になるものがないと、目の前にある「真実」すら目を背けて、安全に感じるものを受け入れる、と彼女は書く。日本人の自分には想像つかないが、現政権や警察や軍隊が、ゲリラや麻薬カルテルにも勝てないという状況で、しかもその正義だと信じたい政治と権力の中心こそが汚職で成り立ってる社会だとうすうす知っている国民は、どこに、なにを、信じて生きていけばいいのだろうか。年間3万人の死者がでるくらい途方もなく暴力的な当時のコロンビア社会ではどこに希望を持って生きていけばいいのだろうか。

 

汚職の告発にからむ人間が次々と殺されていく中、彼女自身と彼女の家族にまでその標的は向けられる中で、それでも意思を曲げることなく突き進むその姿勢には感動しかない。そして、そういう人が存在してくれる事に驚嘆するし、それこそが希望なんだと思う。

 

彼女の事は全く知らないで読み始めたのだけど、なんと本のあとがきで彼女が2002年2月にFARC(左翼ゲリラ組織・コロンビア革命軍)に誘拐されていると出てきた。この本のフランス語版は2001年3月に発売され当時はまだ大統領選にも出馬していないところで終わってる。日本語版は2002年5月発売で、あとがき部分は日本語版に付け加えられたのだと思う。この本の中ではその後彼女がどうなったかわからないかったので、すぐにネットで調べてみたら、なんと2008年7月に無事開放されてた!この本の終わり方をみたらまるでアンネの日記のように、いきなり終了になって、本の中に出てくる数々の政治家のように彼女もまた殺害されてしまったのかと思ってただけに、ほっとした。それでも6年半という拉致時間はとてつもない時間だ。

 

その時の状況についての手記がKindle本でも発売されてたのですぐさま購入。今から読んでみる予定。

 

 

 

さらにYoutubeで開放直後の映像もあって心打たれたところ、さらに彼女のTed Talkまででてきて、本当にYoutubeがあれば学校なんていらない世界になったなと思う。Ted Talk は超オススメだから英語がわかる方はぜひ。ただただ素晴らしいく、心打たれます。


"¡Gracias Colombia!": Íngrid Betancourt

 


What six years in captivity taught me about fear and faith (English subtitles) | Ingrid Betancourt

 

 

 

フランス語タイトルは「La rage au cœur」なので日本語だと「心からの怒り」というか、「込み上げる怒り」みたいなものだけど、「それでも私は腐敗と戦う」というタイトルはとてもエッセンスが伝わって良いなと思う。

 

自分はコロンビアに行ったからこの本にも興味が出たけど、この本はコロンビアの腐敗した政治を通して、それに「具体的に」対抗していく模様が見えて、程度は違えど世の中の企業やどこの国の政治にも当てはまるので、みんな共感できるところが多いと思う。

 

Ingrid Betancourt 

https://en.wikipedia.org/wiki/%C3%8Dngrid_Betancourt