No Pain No Gain

40代無職独身ゲイ。それでも社会とゆるくつながっておかないと。

DAY61 バスの旅

3/11(月) バリローチェ→ジェネラルアビエール

 

今日は震災から8年目。そういえば去年の今日はフランスのナントで坂本龍一のコンサートに行ったのを思い出した。

 

その日の朝は観光も兼ねて教会へ行き、黙祷して過ごしたと思う。キリスト教とは無縁だけど、教会の持つ神聖で、静かな空間は好きだから、瞑想したり休憩がてらに行くことがある。

 

その後でこのコンサートが3/11に開催されてる事に気づいた。チケットは数週間前に押さえてたけど、ちっとも気付いてなかった。

 

コンサートの数日前にパリで映画上映があって、震災で流されていたピアノを使って演奏したり、色んな音を集めてそれが実際に使われてたりとか、彼がガンになってたとか、映画を見てたからわかったものが多いかった。ナントの会場は4-5百人くらいのサイズかもっと小さいかくらいの会場で、本当に数メートル先で演奏するのが見れてラッキーだった。そして何よりもコンサートはもう素晴らしかった。

 

そのコンサートの1時間前に、ナントの宿で、変わった日本人のおじさんに出会った。ロビーでいきなり話しかけて来て、色々話してたらなんと!終活の為に旅行してるとの事。そうは言ってもまだ60代前半くらいだったと思う。昔モロッコに数年住んでて、その時の家主を訪ねて日本に帰るのが目的みたい。これから南下して船でモロッコ入りするらしい。

 

でも、じゃあ何か大病でも患ってるのかなと思ったけど、話を聞く限り、たいした病気でもなさそうw でも、終活として回っときたいんだって。色々話してるとやっぱりちょっと変わった人だなと思った。でも真っ直ぐで嫌いじゃない。神戸で造園の仕事を営んでるらしい。そう言われるとそんな感じだ。

 

そのおじさんに今から坂本龍一のコンサートがある事を教えて、パリじゃなくてナントだから、もしやまだチケット手に入るかもよ、こんなの日本じゃ絶対手に入んないよ!って言い一緒に会場へ。なんとか彼も入場できた。

 

コンサートの後にせっかくなので夕食も一緒に。3/11の日に、坂本龍一のコンサートを聴いて、さらにこの変なおじさんにも出会うとは、なんて変な1日だ!と思ったのを覚えてる。夕食後には電車でパリに戻って、確か日曜日だったと思う。

 

今思うと自分が会社を辞めるたのも、こういう変なのの積み重ねだったと思う。自分にもあとどのくらいの時間が残されてるかと思うと、やはりやりたい事全部やっとかないとなと思った。まだ辞める決意が降りて来るのにはこれから1ヶ月以上後になるけど、こういう変な体験もあったなと、アルゼンチンで思い出した。

 

今日は一日中バスで次の目的地まで移動。初めて二階の一番前に座れてしかも隣は空いてて最高。どんなツアーバスよりも絶景を見れたと思う。旅行中の移動してる時って結構好き。

 

f:id:makotino:20190313044441j:image
f:id:makotino:20190313044511j:image

 

 

DAY56 9000年前のペインティング

3/6(水) ペリトモレノ

 

朝10:00からのツアーに備え朝食を頂く。

f:id:makotino:20190307110530j:image

 

この宿きれいで昨日もよく寝れた。まー、久々の個室だからもある。でもキッチンを見てもよく手入れされててキチンと運営されてるのがわかる。プエルトナタレスの宿もそうだったけど、やっぱり自分で経営してる人が管理してるとよく目が届いてる。ま、当たり前か。雇われてたら汚かろうがどうでもいいよね。

 

10:20くらいに来ないか心配してたらちゃんと迎えがきた。

f:id:makotino:20190307111043j:image
f:id:makotino:20190307111028j:image
f:id:makotino:20190307111053j:image
f:id:makotino:20190307111035j:image

f:id:makotino:20190307111321j:image

 

ハンドペインティングの洞窟に行く前に、どういう顔料が地質上取れるのか見て回るウォーキングから。パタゴニアってエルチャルテンとかのハイキングとかを想像するけど、この辺りもまだパタゴニア。この何もない感じがすごくいい。

f:id:makotino:20190307111428j:image
f:id:makotino:20190307111438j:image
f:id:makotino:20190307111433j:image

 

赤、黄、白などの色がこれらの土から作られるのがよくわかる。また車にのって洞窟目指すところで、グアナコ🦙を数匹発見。

 

洞窟一帯はつい最近ナショナルパークになったみたい。谷のよう降りていくと川もあって緑が見えてくる。ついたらランチが支給される。

 

f:id:makotino:20190307111815j:image
f:id:makotino:20190307111759j:image
f:id:makotino:20190307111844j:image
f:id:makotino:20190307111834j:image
f:id:makotino:20190307111830j:image

 

いよいよ始まり。

f:id:makotino:20190307112308j:image
f:id:makotino:20190307112314j:image
f:id:makotino:20190307112250j:image
f:id:makotino:20190307112209j:image
f:id:makotino:20190307112220j:image
f:id:makotino:20190307112155j:image
f:id:makotino:20190307112240j:image
f:id:makotino:20190307112321j:image

 

30人くらいのツアーだけど、スペイン語しゃべれないの自分だけ。。でもガイドさん親切に別途英語でいつも説明してくれる。800個くらいが左手のハンドペインティングだけど、右手のも30くらいあるらしい。7000〜9000年くらい古いそう。

f:id:makotino:20190307112449j:image
f:id:makotino:20190307112533j:image
f:id:makotino:20190307112511j:image
f:id:makotino:20190307112543j:image
f:id:makotino:20190307112500j:image
f:id:makotino:20190307112522j:image

f:id:makotino:20190307112820j:image

 

帰りは干からびて塩になってる場所をプチ散策。その後なんだかんだで1.5時間くらいでホテルに戻る。すでに19:00前。このツアー会社はトリップアドバイザーでも評判悪かったから心配したけど、個人的にはとても気に入った。殺伐ととした風景がただただ続くのがいい。

f:id:makotino:20190307112922j:image
f:id:makotino:20190307112934j:image
f:id:makotino:20190307112929j:image

 

夕食は近所で豚のグリル。いい感じですカリッと柔らかく焼けてる。でもいかんせん、味付けが市販のBBQソースとか残念。自分で味付けして美味しかっただけに、本当勿体ない一品。

f:id:makotino:20190307113150j:image

 

 

DAY55 ペリトモレノ

3/5(火) ペリトモレノ

 

バスは朝10:00に到着。自分以外誰も降りない。。そして街を歩くと誰もいない。。

f:id:makotino:20190306120018j:image
f:id:makotino:20190306120030j:image

 

ホステルはなさそうで、今夜は久しぶりにシングルルーム。一泊40ドル。

Hotel Kelman
+54 2963 43-2600
https://goo.gl/maps/QzoDKpNGB4n

 

まだ部屋の準備ができてなく、近場のカフェでまったり朝食。その後バス停に戻って明日のツアーの申し込み。紀元前8000年くらいの洞窟のペインティングが見られるらしい。たぶん。2000ペソ。バリローチェまでのバス券も買いたかったけど、みんなシエスタで昼はいない。。忘れてた。

 

一旦ホテルに戻ってチェックイン。なぜかベットが三つもある部屋。トイレも広くていい。やっぱり一人部屋って最高!

 

おとなりのレストランでランチ。ラム肉のロースト。美味しかったけど、肉だけ出てきた。付け合わせなし。。なのでサラダも頼む。赤ワインと肉とサラダばっかり食ってる。。

 

その後とっくに16:00過ぎで、この原住民の博物館に行ってみるけど、スペイン語のみでチーン。あんまり意味わからんけど、展示も少し、なのに200ペソもした。。おススメしません。

Museo De Arqueología Carlos Gradin
Rivadavia 960, Perito Moreno, Santa Cruz, Argentina
https://goo.gl/maps/1HtwFnXfdnG2

 

めんどくさいけどまた1kmくらい離れたバス停まで行って明後日のバリローチェ行きを押さえこれで一通り準備万端。

 

ホテルに戻って20:00くらいまで爆睡。やっぱりバス移動でそこまで寝てないから疲れてたか。あと、一人部屋で寝れるって心底落ち着く!

 

昼がガッツリお肉だったので、夜はそこまでお腹すかず。ハイキング非常食でずーっと持ち歩いてたカップ麺を食べる。また一つ荷物も減って嬉しい。

 

宿泊費 80ドル=40ドルx2日

博物館 200ペソ

バリローチェ行きバス 2300ペソ

洞窟ツアー 2000ペソ

朝食 150ペソ

昼食 660ペソ

DAY54 カフェとサウナでのんびりから移動

3/4(月) エルチャルテン→ペリトモレノ

 

エルチャルテン最終日はハイキングもする気なく、朝からwifiのあるカフェでのんびり。1週間分くらいブログもたまってたので、全部書く。ネット環境悪いとすぐにたまっちゃう。

 

ここのWifiは普通に使えたので、なんだかんだと15:00くらいまで4時間くらいもいた。食べ物は期待しない方がいい。。広くて人が少なくて落ち着く。

Nomade Resto Bar
San Martín 91, El Chalten, Santa Cruz, Argentina
+54 2962 49-3233
https://goo.gl/maps/crz2qMVpNKQ2

 

本当はここ行きたかったけど、混んでた。

Mathilda. Resto bar. Casa de té
San Martín 77, El Chalten, Santa Cruz, Argentina
+54 2962 49-3341
https://goo.gl/maps/JsCNTN5VyPx

 

その後は近所のSPAで、30分のジャグジーと45分のサウナ。二つで1300ペソ。ハイキング疲れにはもってこいなのと、エルカラファテで虫に刺されて以来、もしかして身体に何かいる気もするので、お風呂で綺麗に洗い流したい。ぽかーんと無になれた。

 

Spa Yaten
San Martín 36, Z9301 El Chalten, Santa Cruz, Argentina
+54 9 2966 61-1519
https://goo.gl/maps/5gLZDyBTqDw

 

すっかり17:30。お肉を買ってホステルでステーキを料理して、赤ワインと頂く。至福や。

 

21:50分のバスでエルチャルテンともバイバイ。バスの暖房が無茶暑くて、そのくせ1時間経っても誰も文句言わないから、結局スペイン語しゃべれない自分が文句言いに。各シートの冷風をONにしてくれて、やっと座席にひんやりした風が!これで寝れる。。 CAMAシートってフルフラットになると思ったら、160度くらい。席は一列三席なのでゆったりしてるから、これなら一気にバリローチェまで22時間で行っても良かったかも。

 

明け方のバスからの風景。宵の明星金星が見える。金星なはず。

f:id:makotino:20190306115531j:image

f:id:makotino:20190306114959j:image
f:id:makotino:20190306115005j:image

 

 

DAY53 ハイキング三日目

3/3(日)

 

今日は Loma del Plieque Tumbado という片道4時間コース。お腹の調子がちょいと微妙。結局遅めの10:45出発。

f:id:makotino:20190305022526j:image
f:id:makotino:20190305022542j:image
f:id:makotino:20190305022511j:image

 

4時間コースなので心配していたけど、途中から山の上が見えたので安心。とりあえずあそこに行けばいい。

f:id:makotino:20190305022714j:image
f:id:makotino:20190305022726j:image

 

結局3時間かからず到着。

f:id:makotino:20190305023033j:image
f:id:makotino:20190305022828j:image
f:id:makotino:20190305022840j:image
f:id:makotino:20190305022927j:image
f:id:makotino:20190305022934j:image
f:id:makotino:20190305022902j:image
f:id:makotino:20190305022953j:image

 

頂上は風が強く寒くて、フィッツロイも雲で覆われてたけど、この全方向に開いた景色はとっても気に入った。この開放感。遠くに見える湖。後ろに山々。

 

寒いのと風が強いので、サクッとサンドイッチを食べて、チョチョっと歩き回って、下山。2時間かからなかったと思う。

 

コンドルも3-4羽見れて満足。遠くを飛んでるけど優雅ででかい。風が強いからか羽を広げてるだけでバタバタなんてしない。

 

夜は赤ワインとサラダ。

 

カフェラッテ 100ペソ

サンドイッチ 200ペソ

 

 

DAY52 のんびりハイキング

3/2(土) エルチャルテン

 

昨日のハイキングは4万歩だったので、痛く疲れた。。今日は片道2km程度のハイクにしようと、コンドルが見える丘に行く。街の南から出発してすぐに着く。

f:id:makotino:20190305020224j:image
f:id:makotino:20190305020216j:image
f:id:makotino:20190305020208j:image

f:id:makotino:20190305020441j:image
f:id:makotino:20190305020543j:image
f:id:makotino:20190305020625j:image
f:id:makotino:20190305020600j:image

 

全部で2時間くらいのハイキングだったけど、360度ひらけた景色で大満足。コンドルもはじめに1羽ほど見えた。

 

その後はカフェで2時間程まったり読書。

https://www.amazon.co.jp/お金の流れで読む-日本と世界の未来-世界的投資家は予見する-PHP新書-ジム・ロジャーズ-ebook/dp/B07NMRRLTB/ref=mp_s_a_1_1?__mk_ja_JP=カタカナ&qid=1551719365&sr=1-1&refinements=p_27%3Aジム・ロジャーズ&pi=AC_SX236_SY340_QL65

 

やっぱり結構大きな経済崩壊がこの数年で起きそう。。

 

晩御飯はチキン、アボカド、トマト、玉ねぎ、チーズをトルティーヤにのせてトースターでチン。昨日のメキシカンに影響されてるみたい。

 

DAY51 フィッツロイ!

3/1(金) エルチャルテン

 

前日の夜はなんか疲れててハイキングしないかなと思ってたら、朝起きたら結構歩きたい気分。たまたま同じホステルの人がタクシー を割り勘してフィッツロイの裏側から登って、通常の道で帰ってくる予定なので、タクシー に便乗。すっかり青空でフィッツロイが目の前に!f:id:makotino:20190305012225j:image

 

f:id:makotino:20190305012533j:image
f:id:makotino:20190305012445j:image

一緒に登ったアルゼンチン女性メルセデスと、ウルグアイ男性ニコラスのカップル。
f:id:makotino:20190305012520j:image
f:id:makotino:20190305012500j:image

 

最後はちょっと辛いけど、3時間半くらいで到着。景色はもうゲームの世界。実際こういう映像を取り込んでゲーム背景にしてるんだと思う。God of WarとかHorizonとか思わせる!圧巻。

f:id:makotino:20190305012954j:image
f:id:makotino:20190305013040j:image
f:id:makotino:20190305012933j:image
f:id:makotino:20190305012923j:image

 

のんびりしたくなり、がっつり昼寝。太陽が暖かく超気持ちいい。カップルとは別れて、ここからは一人で下山。

 

やっぱり自分は一人で歩くのがいい。思考が色々なとこに行くし、気を使わなくていいし。人と一緒にいるだけで、自動的に反応してしまう性格なので、気づかなくても消耗してる。今回の旅ではもう色んな事を辞めたい。天秤座の性格からか常に全体を見て最適化された解を求めるけど、そんなのいいや、自分が気持ちよければ、ともうすこし自己中になろうと思う。色々必要ないものはどんどん捨てて、もっと軽くなる。

 

そう考えると、高校の時に学校に行かなくなったのも、まわりに使いすぎたエネルギーを自分に向けるためだった。何か疲れ果ててて、家で漫画読んで一日過ごすととっても満たされた。

 

会社辞めて好きなことばかりしてると、以前よりもっと自分が好きな事が出てくるし、敏感になる。身体は自分の思考以上に多くのことをすでに知っているなと思う。

 

f:id:makotino:20190305014925j:image
f:id:makotino:20190305014859j:image
f:id:makotino:20190305014845j:image
f:id:makotino:20190305014908j:image
f:id:makotino:20190305014946j:image

f:id:makotino:20190305015139j:image
f:id:makotino:20190305015157j:image
f:id:makotino:20190305015149j:image

 

最後はメキシカンとビール🍺

 

 

タクシー 300ペソ

ビールとメキシカン 430ペソ