No Pain No Gain

40代ゲイの世界ひとり旅

懐かしい友人と

数年ぶりに高校時代の友達と会う。

一緒にバレー部で3年過ごし、ゲイとしてはっきりと自覚できる片思いの初恋でした。。それはそれはつらくて、もう二度とノンケには恋をしない強く学んだ経験でした。

彼とはそれでも、くだらない冗談のレベルがあうのか、卒業してからもゆるくつながって、今に至る。久しぶりに会う彼はさすがにノンケだし、40超えてめっちゃ老けておじさん化してると思っていたら、ゲイもびっくりするくらい若い。やっぱ家庭っていう責任がないとおじさん化はまだはじまらないのかも?

顔も性格も悪くなくて、ストレートなのに40過ぎてもまだ独身。これはたからみたらホモに違いないんだけど、彼は根っからのノンケ。

最近どうよと話を聞いていたら、たしか5年くらい前にも話していた女性のことがまだ好きなんだけど、その人は全くもって自分に興味がないとのこと。何を聞いても彼女の態度からは本当に興味はなく、いい感じに使われてる。しかも彼女のコメントを聞いてると彼女の方が数枚上手。。彼曰く「特別な信頼がある関係」らしいけど、いや、絶対使われてるだけだと思う。しかも当時から貸していたお金もまだ数百万残ってるのに、返済はもう数年ないらしい。それも、彼女の事情があるからゆくゆくはきちんと返してもらう、と信じてる。。

 

でもそうは言っても何が幸せよ?

だまされてても、彼的にはそれ以外にがっつり入っていける女性がいないのだとすれば、誰がどうして止められるよ。いろいろ話してると彼自身もある一方からは完全に利用されてるのを実は理解してる。でも、別の方向からは、「いやいや、いつかはふりむいてくれる」と信じたい、なので完全にそれにのっかかって、もしやがいつか起きることにかけてる。びっくりするのは、彼にはそれが見えないこと。自分自身で両方のことをしゃべってるのに。

 

お互い40代、今ぐらい元気に動けるのもあと20年。世の中がどうであろうと、個々人の納得することをするしかないのね。ま、どうやっても幸せになれる関係ではなさそうだけど、またそれは次回に。