No Pain No Gain

40代無職独身ゲイ。それでも社会とゆるくつながっておかないと。

DAY32 船上最後の夜

2/10(日)

朝にはケープホーンに着いて、その知らせが流れる。思ったよりも早く戻ってきた。ビーグル水道に入れば更に波も落ち着くはず。

 

体調は相変わらず悪い。お腹がぐーっと痛くなってすぐトイレに行きたくなるけど、もう出るものがない。結構繰り返したからお尻痛い。食べたらトイレ行きたくなるし、注意必要。船中は三食中華なので、朝ごはんは豆乳と、鳥のスープ、おかゆなどで、量も減らす。

 

午後にはチャリティーオークションが始まる。漁師の網に鳥が引っかかるので、その代替案の釣り針を広めようというチャリティーで、売り上げはそちらへ。スタッフの中でアート活動を行なっているロシア人女性のドローイングや、プロのカメラマンの写真など。オークション司会担当の中国人女性がめっちゃ上手に根を釣り上げて行き、50ドルの小作品から、A0くらいの南極航路マップにドローイングとスタッフのサインが入った最後の作品は2000ドルくらいまで上がる。同じ作品は前回の便では9000ドルまで行ったらしい。金持ち中国チームと貧乏インターナショナルチームの差がはっきりあらわれる。

 

その後でエクスペディションリーダーのElkaさんよりスタッフ全員の紹介があり、船長も出てきて帰還祝いの乾杯となる。もうこのころは帰ろうと思えば1時間付くくらいのところをのんびりしてただけ。船の停泊も高いらしい。

 

夕食はいつものビュッフェでなく、アラカルトでの洋食。正直めっちゃ中華が食べたかっただけに、残念。お腹もまだまだ駄目で極力食べないようにしてた。。

 

食事の後もスイス人男性のフィリッポと、オランダ人女性のエルザ、ドイツ人女性とダラダラ喋ってて、最後の客となったので退散。22:00も過ぎてたので、もう眠くてベットへ。もうすぐそこ。無事に帰宅できてなにより。

 

f:id:makotino:20190215122333j:image
f:id:makotino:20190215122321j:image
f:id:makotino:20190215122338j:image
f:id:makotino:20190215122311j:image
f:id:makotino:20190215122327j:image