No Pain No Gain

40歳ゲイの世界ひとり旅

DAY153 海のないオキナワ

6/11 コロニア・オキナワ

 

今日は先週にたまたま会った日系三世のタダシさんとコロニア・オキナワに。彼は昔はここに住んでたそうで、バスの乗り継ぎもスルスルとこなして13:30くらいには到着。2時間くらいかな。一回乗り換えて合計20ボリビアーノくらい。

 

タダシのお父さんはOkinawaっていう名前のパスタ(そういう商品名)の工場で働いてるそうで、工場前でタクシーから降りてお父さんに会って車を借りる。有難い。。

 

早速お昼ご飯を大通りに面したお店で食べる。超期待してただけにがっかり。。とんかつ頼んだけど、前に揚げてたのを温めた感じ。それは許すとしても、ご飯が日本米に似たやつじゃないし、付け合わせのキュウリの和え物も微妙。唯一美味しかったのはスープで、これはボリビア料理の鳥のスープだったw 全体的にやる気ない感じの料理で残念。

 

気を取り直して、食後に資料館へ。ボリビアまでの道のりや、当時どんな生活をしてたのか写真でよくわかる。

 

タダシのおじいちゃんとおばあちゃんも写真にのってる。こうやって地元の人に案内してもらえて本当に感謝。

 

おばさんの家は薬局をやってるそうで、そこにも挨拶行ったり、昔よく食べたという牛肉の串焼きを更に揚げたようなやつをおやつに食べる。2.5ボリビアーノって安っ!

 

街は小さくてタダシが行く前に「泊まるって言っても何もやる事ないよ」って言ってたのがよくわかった。あっという間にやること無くなった。

 

16:30くらいにホテルで降ろしてもらいバイバイ。本当に素敵な出会いに感謝。

 

そのあと一人でぶらぶら。ホテルの近くのお店で日本人のおばちゃんに会い雑談。ボリビアには3歳の時に来てもう54年になるらしい。って事は57歳くらいかな。次男は日本に行ったり来たりしてるけど、やっぱりボリビアの方がいいみたい。

 

でも本当にそう思う。日本も田舎に行けばもっとのんびりかもしれないけど、東京なんて働いても出費も大きくて結局いつもしこしこ働いて、のんびりなんて程遠いい。そう考えると、ここコロニア・オキナワって、田舎で、暑くて、のんびりしてて、沖縄っぽい。ただ海がないだけ。

 

明日はボリビアもう一つの日本人コロニー、サンホワンに行ってみよう。