No Pain No Gain

40代ゲイの世界ひとり旅

パナマにて

2/6 パナマシティ

最近は大丈夫ってくらいモバイルゲームのCrash Royalをやってて、自分でも何を考えてるんだろう?って思う。

 

とりあえず、そうしたいならそうさせるから、引き続き本能の赴くままにゲームやらせるけど、本当にこの行為は何なんだろうと思う。

 

一昨日にコロンビアのカルタヘナから飛んでパナマにきた。いつものように早めに空港に行ってラウンジでタダ飯を食べてのんびりして、さて、そろそろ搭乗かなとカウンターに並んだら、「パナマを出発するチケットはありますか?」って、「は?」って切りかえすが、カウンターのお兄さん絶対乗らせない気満々で、ちっとも聞く耳もたない。。

 

突然でも一時間くらいあれば落ち着いてチケットは買えるけど、あと10分で出発くらいな勢いのときに、南米航空会社のエラーが多発するサイトで絶対購入できるわけないと思い、猛烈講義するも、なしのつぶて。。

 

こういう向こう側にアッパーハンドがある状況大嫌い。無駄だと思い、とりあえずバス会社のサイトをチェックするもスマホに最適化もされてないUIで絶対支払いのところでエラーが多発すると思い、却下。とりあえず慣れているSkyskannerを開いてチケットの価格を見るとコスタリカの首都サンホゼへ150ドルくらい。。

 

とりあえず買えるのなら買ってみようと思い、トライすると結構最後のページまで遷移できた。あとは支払いだけ!この時すでにみんな飛行機に乗ってて出発の時間も過ぎてる。。で、クレジットカードの支払いがうまくいくかと思いきや、失敗。。

 

とりあえずカウンターの乗客員3人に待て待てといいながら、再度トライしたら、なんと二回目の挑戦だけで難なく購入できた!この間10分位。普通だったら何度もクレジットカード変えて挑戦するんだけどね。

 

で、めでたく乗れました。飛行機についたら「こいつが遅らせてたのか」的な視線を一斉に浴びたけど、自分的には大偉業を成し遂げたくらいの勢い。。ほっ。

 

で、パナマ今日で三日目だけど、高い。コロンビアは南米でも比較的安い方だっただけに、美術館入場料が20ドルとか10ドルとか普通でびっくり。

 

昨日はパナマといえばこれしかない、パナマ運河!を訪れて満足。

 

明日からはSan Blas Islandへ3泊4日のツアーへ。

気分的には早くメキシコまで移動してそれ以降のことを真剣に考えようと思っているところだったので、1週間後に出発のチケットを買ったつもりが、よくみたら二週間後だった。。。ま、いそいで購入するとそういうもんだ笑。

 

最近は本も読む気にならないし、瞑想すらもする気にならない。ただひたすらゲームしてる。何か大きな変化の前触れな気がする。